NEWS2017.04.18

  • TOP
  • ニュース|一覧
  • お知らせ
  • 【イベントレポート】約1,800名が参加!
    サイクリストの聖地「しまなみ海道」にて
    「万田発酵Presents グラン・ツール・せとうち2017」開催

サイクリストの聖地「瀬戸内海しまなみ海道」にて、今年で5回目の開催となる「万田発酵Presentsグラン・ツール・せとうち2017」が2017年4月16日に開催され、約1,800名の選手が参加しました。

心配された天候は、霧がかかるなかスタートしましたが、その後は晴天に恵まれ、140、110、70、40km、いずれのコースも海を眼下に島々を繋ぐ橋を渡ることができるコースで、参加者は美しい景色を堪能しながらそれぞれのゴールを目指しました。

本大会では、「TourTech(Tourism ✕ Tech)地方創生プロジェクト」と題して、地方の観光産業をテクノロジーで支援する活動の一環として、大会運営者側の負荷を軽減し、参加者の安心、安全、快適をサポートすることを目的として、公式アプリケーションを提供し、参加者同士で位置情報を共有することができる機能や、車両事故や怪我などの際に救護要請を行える機能を備え、参加選手および運営事務局両方のサポートを行いました。

 

尾道市向島運動公園:スタート地点

 

因島大橋:因島と向島を結ぶ吊り橋

 

生口橋:因島と生口島を結ぶ美しい国内第4位の斜張橋

 

写真左:尾道市向島運動公園:完走後の記念撮影

写真右:完走記念スタンプ

 

 

■公式アプリケーションの実績

・登録ユーザ数 :1,127件

・登録グループ数:183組

・救護要請件数 :45件

 

■運営事務局からの感想

・これまでは無線、電話、LINEの伝言ゲームで、1つの確認に時間とストレスがかかりましたが、アプリを導入することで、地図上で確認でき、コミュニケーションも円滑に進み、救援要請に迅速に対応でき、運営負荷が劇的に解消されました。

・対応状況や完了結果がリアルタイムで表示されるので、不安を抱え記憶に頼ることなく安心して運営ができました。

 

■ユーザからの感想

・不慣れな土地でもアプリのおかげで安心して参加できました。

・落車して怪我をしましたが、私の居場所をすぐに把握して応急処置をいただき、リタイアすることなく完走できました。

・参加している家族のコース進捗がアプリで見ることができ安心しました。

 

 

■今後について

大会初の運営サポートアプリケーションと言うことで、運営側の負荷を解消し、参加者の皆様に安心、安全、快適をサポートすることを目的に開発を進めました。

いただいたご評価と改善要望を取り入れ、今後も全国のサイクルイベントツールとしてご利用いただけるよう、サービス強化に努めてまいります。

 

 

 

 

■アプリケーション概要

アプリケーション提供期間:2017年4月13日(木)~4月16日(日)

サービスサイト     :https://www.cycle-support.jp

 

 

■「万田発酵Presents グラン・ツール・せとうち2017」について

「グラン・ツール・せとうち」は、順位やタイムを競うレースではなく、参加者同士、地域住民との交流を大きな柱としています。昨年実施された「万田発酵Presents グラン・ツール・せとうち2016」では約2,000人の参加選手がサイクリングを楽しみました。イベントの舞台となる瀬戸内しまなみ海道は、島々を繋ぐ橋に自転車歩行者専用道が整備され海を眼下に橋を渡ることができる珍しいコースで、景色も最高です。サイクリストからは、「サイクリストの聖地」とも言われ、一度は走ってみたいサイクルロードとして全国から注目が集まっています。

公式HP:http://www.htv.jp/grandtour2017/

 

 

 

 

 

・App StoreはApple Inc.のサービスマークです。

・Google play は、Google Inc. の登録商標または商標です。

・Pepperは、ソフトバンクロボティクスグループ株式会社又はその関連会社の商標です。

・この報道発表資料に記載されている会社名およびサービス名は登録商標または商標です。また、内容、サービス、仕様、問い合わせ先およびそのほかの情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。